JR東日本

JR東日本とは東日本旅客鉄道株式会社の略称。主に東北エリアや関東エリア、信越エリアの地域を営業区域とする。日経平均株価およびTOPIX Core30の構成銘柄の一社。社員数は58,550人(2015年4月1日現在)であり、毎年千人以上を採用している。
JR東日本の運行状況はホームページにアクセスして見るか、公式アプリやその他の乗り継えアプリをダウンロードするとすぐに情報を見ることができる。

 

お得情報

・切符

お得な切符の種類は5種類ある。

フリーパス:フリーエリア内乗り放題
往復タイプ:行きと帰りの列車がセットになっている
往復+フリータイプ:往復の列車と指定されたエリアのフリーパスがついている
回数券タイプ:何枚かセットで買うことでお得になる
その他:そのほかのお得な切符

・インターネットサービス

ネットde定期サービス:パソコン・スマホや携帯電話から事前にネットで申込を完了しておくと、JR東日本の駅の指定席券売機またはみどりの窓口で定期券をスピーディーに購入や受取ることができる。また定期の値段を知りたいときもこちらを利用する。申込が出来るのは通勤定期券、通学定期券、FREX(通勤用新幹線定期券)、FREXパル(通学用新幹線定期券)の4つ。

えきねっと予約:えきねっとに会員登録をすれば、列車・席数・区間限定、インターネット予約限定のお得な新幹線特急券、乗車券の「えきねっとトクだ値」切符が購入できる。乗車日の1か月前から前日までに予約することで5~15%ほどの割引きになる。それよりも割引になるのが「お先にトクだ値」は最大35%オフ、「先にトクだ値スペシャル」は最大で50%オフにもなりかなり安い運賃で乗車することができる。ただし予約は13日前までに行わなければいけないことや、人気が高く繁忙期はすぐに売り切れてしまう。

Suicaインターネットサービス:ネットに接続して「FeliCaポート/パソリ」を使って、Suicaに電子マネーをチャージしたり、ネットショッピングの支払いにSuicaが使えるサービス。

2018年3月にダイヤ改正が行われ新幹線では、東北新幹線はやぶさと北陸新幹線あさまが増発、上越新幹線「とき」と特急「いなほ」のが同じホームで乗り換えできるように。

在来線の改正では特急「スーパーあずさ」を新型車両に統一、特急「スワローあかぎ」の停車駅の統一、東京メガループの利便性を向上される。
ますます便利になるJR東日本に期待です。


PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。