パワハラ

パワハラ 意味

パワーハラスメント(和製英語: power harassment)の略語です。意味は「職場の権力(パワー)を利用した嫌がらせ」のことである。

パワハラ 例

パワハラの例としては、例えば下記のような事例があります。

熊本県農水商工局の男性係長及び男性技術参事の2人が、2009年(平成21年)6月から2011年(平成23年)7月頃にかけ、部下の職員が公用車の運転中に道を間違えたことをきっかけに、寿司やウナギなどの昼食を次々に奢らせたり(最終的には100万円以上に達した)、正座を強要するなどのパワハラを執拗に繰り返し、2011年(平成23年)12月26日に停職6ヵ月の処分となった

 

日本での事例の多くは、上司から部下に対するパワハラがあります。

同省指定法人「21世紀職業財団」は以下のようなものをパワハラと定義づけています。
  • 公開叱責(多数の面前での叱責)、人格否定
  • 感情を丸出しにするモンスター上司、給料泥棒呼ばわりする
  • 退職勧奨や脅し
  • 無視の命令
  • 困難な仕事を与えて低評価にする、過剰なノルマ
  • パワハラの訴えを聞き流す
パワハラで訴えれば勝てる事例でも、手間や労力、再就職への影響を考えて、自主退職してしまう方が多いのが実情です。

 


PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。