デリケートな方のデリケートな問題

男性なら誰でも「もしかしたら早漏かも」と悩んだことがあるかもしれませんΣ(゚Д゚)

とてもデリケートな内容ですし、誰かに相談するというのも、なんとなく男としてのプライドが許さなくて、結果として一人で抱え込んでしまいがちですよね。
そもそも早漏ってどういう状態のことを言うんでしょう。女性の膣内に挿入してから一分以内に射精してしまうことでしょうか。それとも二分以内でしょうか。もしくは性的な刺激だけですぐに達してしまうことでしょうか。
実は早漏にはこれといって明確な条件や定義はなく、とても曖昧なのです。だからこそ「もしかしたら自分は」って不安に感じやすいんですよね。
では世間一般の皆さんが思う早漏とはどういった状態を指すのか、一般的には「性交時に自分が射精したいと思うよりずっと早く射精にいたってしまうこと」らしいです。あくまでも一般的な見解です。あくまでもみんなの想像するイメージです。「やっぱり自分は早漏だ」と決めつけないでください。実際、どんなに早く射精しようともパートナーが満足していれば早漏だと感じない方だって多くいらっしゃるそうですよ。早漏だと決めつけて不安になるよりも、原因を知って予防や対策を考える方がずっと得策だと思いませんか。
では早漏の原因を知っておきましょう。まず身体的なものと精神的なものの二つの原因が考えられます。身体的なものとしては仮性包茎や真性包茎が原因によるものと、あとは加齢によるものなどです。
そして二つ目の精神的なものについてですが、これは、性行為に対する不安や緊張、EDによる焦りによるもの、そして「自分は早漏かもしれない」という強い不安感が積み重なることによって大きなストレスとなり、心因性の早漏を引き起こすというものです。専門的な病院を受診する方の多くがこの精神的なストレスによるものだそうです。
もし今、あなたがこのようなことで悩んでいらっしゃるのなら、どうか考えすぎないでください。パートナーが満足しているか心配だからこそ不安を感じている、相手を思う優しい心はパートナーの方にもきちんと伝わるはずです。ゆったりとリラックスしてもっともっと愛を深めていきたいものですね。

未分類

Posted by seo.mikan


PAGE TOP